お魚で糖質を抑えるコツ

魚の中でも特に青魚には糖質が少ないく、そしてオメガ3脂肪酸が多く含まれていますので、善玉コレステロールを多くとる事ができます。

日本人の食事には魚が多いのですが、特に魚を食べるときに注意をしないといけないのが調味料です。

塩や醤油を使って魚を食べると、脂質の制限が出来ても塩分をとりすぎることになりますので、脂質の制限をするときには魚の味付けにもを気をつけましょう。

魚は焼いたり蒸したりすることができます。食べすぎは脂質の過剰摂取になりますので気をつけないといけませんが、糖質が少ない食品ですから、安心して食べることが出来ます。

調理方法に気をつけて魚を食べましょう。

そして加工された魚の食品もあります、缶詰の魚はとても手軽に食べることが出来るので人気があります。
値段の安いものが多いので、ご飯のおかずとして食べる機会が多い魚の缶詰ですが、糖質が多く含まれていますので食べすぎには注意しましょう。

加工されているものには調味量が沢山使われています。
食材自体に糖質が少なくても、調味料で使ってしまえば結局糖質の過剰摂取につながります。

魚は血液をさらさらにする効果もあります。動脈硬化の防止や高血圧などの病気にもとても効果があります。

現代の食事では肉食などの欧米化が進んでいますが、魚を再度見直して、積極的に食べることが必要です。

花粉症が改善されるケースもありますので、魚をもっと食べるように心がけて見ましょう。