糖質ってどんなものなの?

糖質を取りすぎると肥満の原因になります。
ってよく言われますけど、どんなものなでしょうか?

栄養士をしている友人に聞いてみると、糖質とはブドウ糖や麦芽糖、果糖、など種類も多く有るそうで、最近話題になっている糖質抜きダイエットは、食材の中にある、この糖質を多く含むものを食べないようにするダイエットだそうです。

特に注目されているのが炭水化物ですが、糖質を多く含んでいますので食べすぎはやはり肥満の原因となります。

しかし炭水化物には食物繊維もふくまれていますので、すべてが糖質で出来ているわけではありません。
食べ物の多くに含まれている糖質ですが、私たちの体には必要な栄養素なのです。

まったくとらないことは逆に体に悪影響を及ぼしてしまいます。とりすぎに注意をすることが、生活習慣病の予防にもつながりますので、バランスの良い食生活をすることが重要です。

糖質を多く含む食品にはご飯やパン、麺類など主食となるものにはほとんど糖質が多く含まれています。
まったく食べないのではなく、健康の為には食べる量が重要です。

そして野菜や果物にも糖質が多く含まれています。
特に果物には果糖が多く入っていますので、食べすぎはやはり糖質のとりすぎにつながりますので注意が必要です。

糖質を制限することは血糖値の上昇を防ぐことができますので、糖尿病の方や肥満のかたには糖質を制限した食事が必要になります。

その他にも脂肪となり体内に蓄積されてしまいますので、とる量には気をつけましょう。
甘いお菓子はもちろんですが、野菜や果物にも意外と糖質が多い食材は沢山あります。

関連リンク:糖質がなかなか抑えられない方も
プロがおこなうキャビテーションなら大丈夫!
DDラボ口コミ